ピルは高い避妊効果を持ち、目的や用途に応じて様々な種類のピルが開発・販売されています。避妊以外の効果も持ち、それぞれで服用方法は異なります。通販で購入することも出来ますので、それらの情報も合わせてピルに関する内容を紹介していきます。

ピルの21錠と28錠の違いって何ですか?

ピルをつかって避妊することを決め、どんな製品があるのかをインターネットなどで探していると、1つのシートに含まれている錠剤の数が21錠になっているものと、28錠になっているものの2種類があることに気がつきます。
日本で特に多くの女性に使用されているマーベロンをはじめとして、21錠と28錠の2タイプが用意されているピルはたくさんありますが、2つのタイプの大きな違いはたった一つで、偽薬(プラセボ錠)があるかどうかです。
21錠タイプと28錠タイプの違いを詳しく知るにあたっては、それぞれのピルの飲み方を知る必要があります。
まず、21錠タイプのピルは、シートに書かれている順番の通りに1日1錠ずつの服用を21日間続けた後、7日間の休薬期間をとります。
もし、1ヶ月を超える期間にわたって避妊を継続する場合は、休薬期間が終わった後に新しいシートを取り出して服用を始めます。
一方、28錠タイプのピルは、21錠の実薬に加えて、7錠の偽薬(プラセボ錠)もシートにおさめられています。
こちらの場合の飲み方は簡単で、シートの錠剤が無くなるまで毎日1錠ずつ飲んでいけば良いだけです。
1シート分飲みきった後、避妊を継続する場合は、飲みきった翌日から新しいシートに手を付けることができます。
ピルは偽薬(プラセボ錠)の有無によって飲み方が少し変わりますが、得られる避妊効果は一緒です。
もし、正しく飲み続けていた場合は、21錠タイプだと休薬期間に入ったあと程なくして、28錠タイプだと実薬を飲み終えたあと、偽薬(プラセボ錠)の服用中に消退出血が起きます。
人間は出血の跡を見ると不安な気持ちになるものですが、消退出血はピルの服用中であれば誰でも起きる症状であり、月経周期がうまくコントロールされている証といえるので、心配する必要はありません。
なお、21錠と28錠の2タイプがあるピルについても、錠剤が色分けされていて、色ごとに卵胞ホルモンと黄体ホルモンの量が変えられている製品と、色分けされておらず、実薬のホルモンの量がすべて同じになっている製品の2種類に分けられ、マーベロンは錠剤が色分けされていない製品に分類されます。

ピルの初心者は28錠の方が安心して服用できる

前述の通り、ピルは21錠タイプを選んだとしても、28錠タイプに決めたとしても、実薬の数が全く同じであるため得られる効果は一緒です。
したがって、どちらを選んでも構いませんが、これからピルによる避妊を試みようとしている人や、ピルの服用をはじめて日が浅い人は、21錠タイプより28錠タイプの方が安心して服用できるでしょう。
その理由は、28錠タイプが風邪薬などと同じように、毎日飲み続けていればよい仕組みになっているところにあります。
21錠タイプは、1ヶ月間だけ避妊をするのであれば、21日間飲みきった後は、そのまま元の生活に戻れば良いだけです。
しかし、それより長い期間避妊に取り組む場合、休薬期間が始まる日と終わる日をきちんと把握しておかないと、新しいシートの錠剤を飲み始めるタイミングを逃してしまう可能性があります。
ピルを飲み忘れた場合は、基本的には気がついた段階で飲み忘れた錠剤を服用しますが、気がついたタイミングが遅いとピルの避妊効果が不十分となるおそれがあり、1週間程度は避妊の確率をあげるためにコンドームなどの他の避妊アイテムを併用しなければならなくなります。
一方、28錠タイプにおいても飲み忘れに注意すべきであること自体は変わりませんが、休薬期間を意識しなくても良い分、飲み忘れは起こしにくくなります。
もし、飲み忘れたとしても、それが偽薬(プラセボ錠)の服用中であれば、錠剤にホルモン剤が含まれておらず、避妊の効果に変化が生じることは無いので、あわてて飲み忘れた分を服用する必要はありません。
もちろん、自分でピルの服用スケジュールを管理できるのであれば、21錠タイプを選んでも全く問題はありません。
しかし、病院で処方された薬を飲み忘れることがよくあるなら、28錠タイプを購入しておけば、飲み忘れをあまり意識することなくピルによる避妊を続けていけるでしょう。