ピルは高い避妊効果を持ち、目的や用途に応じて様々な種類のピルが開発・販売されています。避妊以外の効果も持ち、それぞれで服用方法は異なります。通販で購入することも出来ますので、それらの情報も合わせてピルに関する内容を紹介していきます。

超低用量ピルのヤーズの効果

ヤーズは今まで主に使用されてきた低用量ピルとは少し違いがあるため第4世代薬と呼ばれています。他の低用量ピルとの違いは、ドロスピレノンという黄体ホルモンを使用していることです。
これは、これまで日本では発売されていないものでした。もうひとつはエチニルエストラジオールが使用されています。
エチニルエストラジオールは卵胞ホルモンの一種です。含まれている量にも違いがあり、従来のものよりも含まれているホルモンの量が少ないため、超低用量ピルと呼ばれています。
超低用量ピルは、副作用が出にくいことが特徴です。
ヤーズは、主にひどい生理痛を伴う月経困難症の場合に用いられます。ドロスピレノンには、排卵を抑制したり、子宮内膜が厚くなることを防ぐ効果があります。
子宮内膜が厚くならないことで生理の時の出血量が多くなりすぎることを防ぎます。また、痛みを感じさせるプロスタグランジンが作られることも抑えます。
プロスタグランジンの過剰生成を防ぐことで痛みが起きにくくなります。そのような作用があるため、ヤーズを使用することで、生理痛が軽くなり、月経困難症の治療になります。
また、ドロスピレノンには利尿作用があることがわかっています。その作用で、余分な水分を体外へ排出するため、むくみにも効果があります。
ドロスピレノンには、抗アンドロゲン作用もあります。これは、肌の状態を落ちつかせ、ニキビや吹き出物をできにくくする作用です。
ヤーズを使うことで、ホルモンバランスの乱れによるむくみや肌荒れの改善が期待できます。
ヤーズは、日本では月経困難症の時に処方されることになっていますが、海外では避妊目的でも使われています。含まれている女性ホルモンの量は少ないですが、しっかりと指示通りに服用すれば、避妊効果も期待できます。
しかし、もしもヤーズを内服していて妊娠してしまっても、補償はないので注意しましょう。また緊急避妊薬としての機能はありません。

ヤーズは副作用が軽減されたピルとなっている

ヤーズは第4世代薬のため、副作用が出にくいことが大きなメリットです。ヤーズに含まれているエチニルエストラジオールは卵胞子ホルモンですが、この量が従来のものに比べて少なくなっています。
卵胞ホルモンは、国内最低の0.02mgに抑えられています。今まで他の低用量ピルを使用して、頭痛や吐き気の副作用がひどくなってしまっていた方でも、ヤーズを使用することで、副作用が起きにくくなる可能性があります。
含まれているホルモン量が少ないということで、身体への負担も少なくなるからです。
低用量ピルを使用していて、食欲が出過ぎて太ってしまうという副作用があらわれることがあります。これは、アンドロゲン作用のひとつです。
しかし、ヤーズに使われているドロスピレノンは男性ホルモン由来ではなく、アンドロゲン作用が抑えられているという特徴があります。
そのことで、食欲増進という副作用も出にくくなっています。
過去にヤーズは血栓症を起こしやすいと言われていた時期がありますが、現在は際立った差はないとされています。血栓症のリスクはありますが、他の低用量ピルと同程度と考えてよいでしょう。
もちろん血栓症の兆候があらわれた時には、すぐに病院を受診しなくてはいけません。ヤーズは含まれるホルモン量が少ないため、正確に内服しないと避妊効果が薄れてしまうことがあります。
もしも、避妊効果をしっかりと得たいのであれば、飲み忘れはしないようにして、必ず同じ時間に服用するようにしましょう。
もしもヤーズを2日以上飲み忘れてしまった場合には避妊効果がなくなっている可能性があるので注意しましょう。
そういったことに注意をすれば、ヤーズは副作用が軽減されているピルとなっています。